手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

特定調停に必要な書類について

特定調停に必要な書類は大きく分けて5つあります。
特定調停申立書や資産目録など、このページで簡単に説明していますので、参考にどうぞ。

特定調停の必要書類

特定調停の必要書類というのは全国で統一されていませんし、書式も統一されていません。

ですから、裁判所によって必要となる書類が違ってくるのですが、下に書いてある5つが代表的なものです。簡易裁判所へ行けばこれらの必要書類をもらうことができますし、書き方も教えてもらえるので心配いりません。

  • 特定調停申立書
  • 資産目録
  • 特定債務者であることを明らかにする資料
  • 関係権利者一覧
  • 家計表

1つめの特定調停申立書ですが、これは簡易裁判所に『特定調停の手続きをしたいので、調停をしてください』という趣旨の書類で、あなたの住所・氏名・生年月日などを記入します。
これは正本(裁判所用)、副本(相手方用)、控えの3部必要になります。

2つめの資産目録というのは、あなたの現在の資産状況を記入する書類です。手持ち現金や預貯金・不動産・車などの財産を持っているかどうかなどを書きます
財産を持っている場合、それを証明する書類を提出する必要があります。
例えば、不動産なら登記簿謄本、車だったら車検証のコピーなどです。

3つめの特定債務者であることを明らかにする資料には、あなたや家族の職業や収入、毎月の返済希望額などを記入します。

4つめの関係権利者一覧表には、あなたが借り入れをしている債権者をすべて記入します。
申立てをしない債権者についても忘れずに書きましょう。 この書類には相手方の住所・氏名・契約日や借入残高などを記入します。

5つめの家計表は、家計簿と同じです。 あなたの1ヶ月の収入と支出の内約を記入します。

必要書類