手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

特定調停のデメリットについて

特定調停のデメリットについて説明しています。

・・・が、どの債務整理にも言える一般的なものだけで、
メリットと天秤にかけなければいけないようなデメリットは存在しないと思います。

ブラックリストにのる

これは自己破産、任意整理の場合でも同じですね。
5~7年はクレジットカードを作ったり、キャッシング会社を利用することはできません。

借金の額が大きすぎると利用できません

3年(長くても5年)で返済していかないといけないので、利息制限法で引き直し計算計算した後の借金があまりに大きいと返済できません。

そうなると自己破産の方がいいでしょう。

何回か裁判所に行くことになる

申立てや調停のため最低2~4回、平日に裁判所に行く必要があるため、仕事に支障が出るかもしれません。また調停は100%成功するわけではありません。
調停は話し合いですから、もちろん不調(交渉不成立)もあり得ます。

事前に返済プランを立てて、調停に臨むと問題ないでしょう。

必要書類