手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

弁護士に無料メール相談

自己破産の書類作成・添付資料の準備など、自分自身で自己破産の申立てをしようとすると大変な時間と労力がかかることは別のページでもお話したとおりです。また、

  • 平日の時間が取れない。(裁判所へ行けない。)
  • 最後まで手続をやりきる自信がない。
  • まずは話だけでも聞いてみたい。

という、メールを数多くもらうようになってきましたので、弁護士の先生も紹介してみようと思います。やはり最寄りの(同じ都道府県)の弁護士が良いと思いますが、このページでは、全国対応の弁護士法人さんを紹介したいと思います。

弁護士へ依頼することのデメリットで触れたように費用が高いというのがネックだと思います。実際、相談をするだけでも『何千円/30分程度』の相談料がかかるというのは、私たち庶民からすると、『?』的な感じではあると思います。

そこで、このページでは無料でメール相談にのってくれる先生を紹介します。
電話相談でも良いのですが、要点をまとめて伝えることができますし、緊張しなくても良いので、メール相談をオススメします。もちろんメールよりも電話の方が得意というのであれば、電話でも良いのでしょうけれど。

弁護士法人アヴァンセ

ここは、全国対応であり、無料でメール相談にのってくれる点、債務整理の実績が豊富な先生が揃っているというところでオススメです。
相談の流れの中で、一人ひとりおかれている状況を把握し、自己破産をしなくても良い方法を提案してくれるかもしれませんし、実際に自己破産になったとしても、あなたの目線で親身になって相談にのってくれるでしょう。

ちなみに、この弁護士法人アヴァンセの代表弁護士は、『ヤンキー、弁護士になる』などの著書でも有名な金﨑 浩之先生です。以前、コメンテーターとしてテレビにも出演されていたので、知っている人も多いのではないでしょうか。

どのようにメール相談をすれば良いのか?

『自己破産の相談』と決め付けないで、『借金の相談』をしましょう。
あなたが自己破産しかないと思っていても、弁護士さんの視点からすると別の債務整理の方法で借金がなくせると考えるかもしれませんから。

だから、相談の時には以下のポイントをまとめて相談してみましょう。

  • 何社から借りているのか
  • それぞれの借入先につき、いつ頃から借りているのか(目安)
  • いくら借りているのか。
  • キャッシング会社だけでなく、クレジットカードの利用状況(残高)
  • 友人・知人、勤務先等からの借入の有無

これらの情報を基に自己破産なのか、その他の債務整理の手段があるのかなどの相談ができると思います。また自分が聞いておきたいことはできるだけ箇条書きにまとめておくことも一つのポイントです。

弁護士法人アヴァンセさんのメールフォームについて

このページの一番下にアヴァンセさんのホームページへ行けるようにリンクを張っています。そこをクリックすると、以下の画像のページが出てきます。
これが弁護士法人アヴァンセさんのホームページです。

弁護士法人アヴァンセのホームページ

ページ下段部分に下記の画像があるので、赤丸部分をクリックするか、

弁護士法人アヴァンセの無料相談フォームの紹介

ページ左のメニュー部分の下段部分にある下図をクリックしてください。

弁護士法人アヴァンセへの無料メール相談について

次に表示されるページの中央部分にメールでの相談フォームへのリンクがありますので、クリックします。メール相談フォームに必要事項を入力して、送信して、先生からの返事を待つようにしましょう。(2~3日程度で、連絡があります。)