手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

弁護士に依頼するデメリットとは

自己破産の手続きを弁護士に頼むとなると30~40万程度の費用がかかります。お金に困って、これから自己破産をしようと考えているのに、この費用は高すぎますね。

費用が高い

弁護士に依頼するときの費用は高いと昔から言われていました。
最近では以前より低料金でやってくれるところもあります。

インターネットで調べてみると、安いところで20万円。
高いところだと50万円以上します。

たしかに、依頼する側としては安いにこしたことはありませんが、お金がないという理由だけで低料金の弁護士に依頼すると、悪質な弁護士に引っかかりかねませんので、その点は注意してください。

ちなみに、弁護士に払う報酬というのは弁護士会で20万円以上と決められていました。
これは現在は廃止されていますが、今でも基準になっています。
これでは安くなるわけがないですね。

弁護士に依頼するデメリットというのは、費用が高いことを除けば、あまりないでしょう。

高額な弁護士費用を借金が帳消しになった後、分割で支払うことも

その料金の支払いも免責がおりた後に分割払いに応じてくれている法律事務所も多いようですので、弁護士に依頼するときには支払方法も確認しておきましょう。

問題は、何十万円というお金が自己破産の申立てをする労力に見合っているか、ということです。それはあなたの価値観で判断するしかないのですが、お金をかけないでもできることならできるだけ自分でやりたいですね。

また当サイトでは自分で手続きを取ることを薦めていますが、やはり自分自身の過ちは、自分自身で解決する。最後まで放り出さないという気持ちを持ってもらいたいという思いもあるからです。

たしかに自分で手続きを取るのは大変かもしれませんが、その分だけ自分のこれからの人生にプラスになるものも大きいように思えます。