自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

借金をなくして人生をやりなおすための最終手段

自己破産とは、法律の力を借りて、あなたの持っている財産のうち最低限のものを除いたすべてのものを債権者(サラ金・クレジットカード会社)に分配することで、あなたの借金を帳消しにしてもらうという人生をもう一度やり直すための債務整理の制度の一つです。

ただ自己破産はいろいろな誤解が多い制度でもあります。

  • 自己破産をする財産を根こそぎ取られる
  • 海外旅行にいけない
  • 引越しできなくなる
  • 選挙権がなくなる
  • 会社をクビになる
  • アパートを追い出される
  • 人生そのものが終わり・・・など

あなたもこのようなマイナスイメージを一度ぐらい耳にしたことがあるかもしれません。でも、これらは誤解なのです。

自己破産というのは、もともと借金で首が回らなくなった人に新たな人生のスタートを切ってもらうために作り出された制度ですから、財産を根こそぎ取られたり、アパートを追い出されたりするわけがありません。

それじゃあ、人生の再スタートというより、見殺しになりますね。

自己破産は確かに最後の手段ではありますが、
あなたが考えているような絶望的な手段ではないのです!

借金が帳消しになるまでの手続きは、大きく二つ

自己破産は、大きく分けて2つの流れになっています。

  • 破産の申立てをしてから破産が決定するまで
  • 破産が決定してから免責がおりるまで

最初の申立てをしてから破産が決定するまでですが、破産が決定しただけでは借金はチャラになりません。

多くの人はこのことを知らないみたいです。

破産が決定しただけでは、「私はお金がなくてもう借金は一円も返せません」という証明にしかなりません。破産が決定したあとに免責がおりないと借金はチャラにはならないのです。

でも、破産が決定すればほとんど免責もおりる(借金が帳消しになる)ので安心してください。

自己破産で一番の難関は申立て書類を受け取ってもらうことです。
それさえできれば、問題はないでしょう。

それでは、自分で自己破産をするための方法を見ていきましょう。