手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

年収の3分の1が上限となる総量規制

貸金業法改正の目玉の一つが総量規制の導入。
2010年6月に完全施行されました。

この総量規制とは、個人が借り入れできる額を、原則、年収の3分の1を上限に制限するという仕組みのものです。こうすることで、多重債務者の増加に歯止めがかかるだろうということで導入が決まりました。

年収300万円時代と言われていますが、例えば年収300万円の人であれば100万円までしかキャッシングの利用ができなくなるということです。

それでは、既に年収の3分の1を超えてキャッシングを利用している人はどうなるのでしょうか?この場合は、新たな借り入れができずに、年収の3分の1の額になるまでは返済だけしかできなくなります。

自転車操業している人は、自己破産しかなくなる!?

自転車操業をしている人や借入金額上限張り付きで利息だけ返済して、すぐに借入をしている人などは、総量規制の完全施行により資金繰りがアウトになるでしょう。

この状況になった場合、残された方法は債務整理しかありません。
今までは先が見えないなりに、なんとかやり繰りしてこれたかもしれませんが、今回は2010年6月に総量規制の導入というゴールがあるのです。

残された僅かな期間で借金を返済することはムリだと思います。
だからこそ、残された時間で自己破産などの債務整理を検討して欲しいのです。

弁護士や司法書士に依頼すれば彼らが手続きを行ってくれるでしょう。
しかし借金を帳消しにしてもらっても、彼らに支払う高額な報酬は免責されません。

自己破産後も分割で支払い続けなければならないのです。

自分でできる自己破産なのですから、勉強してください。
このサイトで基礎知識から手続きの流れなどは理解できると思います。