自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産の件数の推移について

2000年に入ってからの自己破産の件数の推移を見ていきましょう。

年度 自己破産件数
平成12年 (2000年) 139,280件
平成13年 (2001年) 160,457件
平成14年 (2002年) 214638件
平成15年 (2003年) 242357件
平成16年 (2004年) 211402件
平成17年 (2005年) 184422件
平成18年 (2006年) 165932件
平成19年 (2007年) 148248件
平成20年 (2008年) 129508件
平成21年 (2009年) 126265件
平成22年 (2010年) 120930件
平成23年 (2011年) 100510件
平成24年 (2012年) 82668件

自己破産の件数は平成15年をピークに減少傾向にあります。

それでも裁判所が新たに申請を受けたのは、年間8万件を超えています。
毎日、約300人の人が自己破産の申し立てをしていたことになります。

それくらい借金で悩んでいる人が多いのです。

自己破産の件数が減ったのは過払い請求の影響

平成15年以前は年間1,000件以下だった過払い請求も平成15年に1,500件、それから5年後の平成20年には、軽く1万件を超えています。

自己破産の申請者が減ったのは、過払い請求によって借金がなくなったり、それ以上のお金が貸金業者から戻ってきたからといえるのではないでしょうか。

このページを読まれているあなたはどうですか?
自己破産を検討する前に過払い請求のことを知ってみませんか?

借金生活が長ければ長いほど、高い金利で返済してればしているほど、貸金業者から多くのお金を返してもらうことができます。
過払い請求について