手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

任意整理という債務整理の手段

債務整理には、自己破産以外の方法もあります。

その一つが任意整理と呼ばれる手段です。

任意整理について

任意整理というのは、裁判所の力を借りずに弁護士や司法書士に依頼して、サラ金やクレジットカード会社と交渉をして借金の減額をはかるものです。

出資法を超える高い金利を取っているキャッシング会社に対して、利息制限法で定められている金利をもとに借金を初めてしたときからの利息を計算しなおして、その差額を今の借金の残高から引くよう、弁護士や司法書士の先生が交渉してくれるのです。これにより借金が減ります。

そして、減額された借金を3~5年で返済していくことになります。
※その間の利息はカットされます。
減額された借金のみの支払いでいいです。

借金の減額方法は特定調停という方法と変わりません。特定調停でも利息制限法に基づいて計算しなおして、減額された借金を3~5年で返済するわけですから。

ただ業者と交渉している期間も取りたては止まりません。

ちなみに任意整理に関しては弁護士や司法書士に依頼せずに自分で交渉しようと思っても相手にされません

費用に関してですが、これは依頼する弁護士・司法書士によるので一概にいくらかかるとは言えませんが、だいたい着手金が一社につき2万円でうまく交渉が成立すれば成功報酬をプラスして払わなければなりません。

ですから、最低でも20~40万円はかかります。
これは自己破産を依頼した場合の費用と変わらないでしょう。