手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産をしても借金が帳消しにならないこともある!?

自己破産をすることの一番の目的として裁判所から免責を受けること、つまり借金をゼロにしてもらうことです。

しかし、必ずしも認められるとは限りません。

自己破産は、人生を再スタートさせるための方法ですが、一方で債権者は貸したお金が返ってこないという大きな負担でもあります。

ですから、なんでもかんでも借金を帳消しにできるというものではなく、一定の事情に該当しなければ認めますという仕組みになっています。

その一定の事情が免責不許可事由とよばれるものです。

法律の原文だと読みにくいので、かいつまんで説明を。

破産法 第二百五十二条
  • 債権者を害する目的で財産を隠したり、壊したりする行為をした
  • 特定の債権者にだけに利益となるような財産の処分など
  • ギャンブルや浪費のために借金をしたこと
  • 詐術を用いた信用取引
  • 裁判所の調査への協力拒否や虚偽説明や虚偽の書類の提出
  • 一度、免責を受けていて、その日から7年が経過していない場合
  • 破産法で定められている義務に違反したこと

これらの不許可事由に該当しなければ、裁判所は免責を許可しなければなりません。

免責不許可事由があったとしても借金が帳消しになることも・・・

免責不許可事由があると絶対に借金の帳消しが認められないわけではありません

裁判所は、破産手続き開始に至った経緯やいろいろな事情を総合的に判断して免責許可の決定をすることができるからです。

このページを見に来られる方は、自分が許可されなかったらどうしようと思っているかもしれませんが、大切なことは免責不許可事由に該当するか、しないかではないと思います。

今までの生活を見つめ直して、しっかりとやり直していこうという気持ちをもっているかではないでしょうか。そうした真摯な姿勢であれば、裁判官も免責を与えて再スタートへの道を切らせようと判断すると思います。