手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

官報とは何か?

官報とは、日本国が発行する機関誌であり、国の広報や公告をするのが役目です。自己破産をすると、この官報にも載ることになります。

官報に載るのは、自己破産の手続きの開始決定の時と免責許可の下りたのときの2回。それぞれ、名前、住所が掲載されることになります。

昔は、官報に載るだけでしたので、一般の人の目にとまることもなかったのですが、今ではインターネット上で見ることもできます。

ただし、ネットで見ることができるのは発行してから30日以内のもの。

ネットで見れるようになったとはいえ、官報という存在を知っている人は、ほとんどいませんから自己破産をしたとしても回りの人に知られるということは、まず無いので安心してください。

もう少し、官報について掘り下げてみよう

この官報って何?って思う人も多いと思います。
それくらい一般の人にとっては馴染みのないものなのです。

まず、官報とは政府が発行する機関誌です。
>>> インターネット版 官報
行政のお休みの日を除く毎日発行される新聞のようなものです。

自己破産をすると官報のどの部分に掲載されるのでしょうか。
官報には「本紙」「号外」「政府調達」という項目に別れています。

自己破産をした場合、「号外」に掲載されます。

号外 >>> 公告 >>> 破産、免責、再生関係 の欄となります。

どの様な情報が掲載されるかというと、

  • 氏名
  • 住所
  • 破産、免責について

実際にどのように掲載されるのかは、下記ページをご覧ください。
自己破産をすると官報には、どの様に掲載されるのか?

ちなみに自己破産をしたときに掲載されると説明していますが、
基本的には2度、掲載されることになります。

  • 破産手続きの開始決定を受けたとき
  • 免責許可を受けたとき

自己破産をしたことが国が発行する新聞のようなものに載ってしまうと、自分の家族や親戚、会社の人にばれてしまうのではないか そう考える人もいるかもしれませんが官報の存在を知っている人は少ないですし、あまり気にする必要はないでしょう。

>>> 官報を見るためにはどうすればよい?

ただ「破産後の生活で注意すべきこと」のページでも説明しましたが、一般の人は官報の存在を知らなくてもヤミ金業者は必ずチェックしていると言っても過言ではありません。

免責を受けた後は7年間、新たにキャッシングやカードローンを利用することはできませんから、「ヤミ金を利用しませんか?」とDMやチラシを送ってくることにはなるでしょう。(絶対に利用してはいけません。)

官報について
  • 一般の人は、あまり知らない
  • ヤミ金業者は、必ずチェックしている