手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

弁護士に自己破産を依頼するメリットの一つが即日面接

即日面接ってなに?

自己破産の手続きをスピーディにするために弁護士が債務者の代理人となって行う自己破産では、申立てをしたその日に裁判官が弁護士と面接をして、とくに問題がなければその日のうちに破産手続開始の決定をする制度です。

これを即日面接と呼んでいます。

これにより自己破産の申立てから2~3ヶ月で免責がおりることになります。自分自身で手続きを行う場合と比べると、1ヶ月以上早く終わらせることができます。

ただし、この即日面接が行われているのは、東京地方裁判所など一部の裁判所のみです。その他の地方裁判所では行われていません。