手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産をしても借金がなくならないこともある

免責不許可事由ってなにですか?

借金は帳消しにすることができない、問題がある理由です。

自己破産をしても借金が帳消しにならないこともある!?

免責不許可事由には以下のようなものが挙げられます。

  • 破産手続決定時に持っている財産をかくしたり、壊したりすること。
  • 浪費やギャンブルによる借金 ・うそを書いた債権者名簿を提出したとき
  • 裁判官との面接で、事実とは違う説明をしたとき(うそをついたとき)
  • 過去7年間で免責を得たことがあるとき

最近では、携帯・スマホのアプリ内課金で大金を使って破産をする人もいるみたいですが、この場合は免責が認められないことも増えてきています。

免責不許可事由があったとしても・・・

免責不許可事由に該当する事実があった場合でも裁判官の判断により、免責が受けられた人のケースもあります。

ですので、自己破産の申し立てをする前から、自分自身で『どうせ免責を受けられることはない・・・』と悲観せず、まずは手続きを取ることから始めてみましょう。