手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

思い入れのある車で会っても基本的には処分対象

自動車は処分される?

自動車の価値によります。

自動車の時価が20万円を超える場合は、基本的に処分されることになります。その自動車の売却益が破産財団に組み込まれ、債権者に分配されることになります。

20万円以下の時価しかなければ処分はされないことが多いです。

また自動車がローン支払い中の場合は異なります。
自動車の所有権はローン会社にありますので、処分されローンの残債に充当されます。
この時、残債を支払った上で、まだお金が残っているようであれば破産財団に組み込まれ、債権者に分配されるようになります。

自動車にかかる税金も免責される?

自動車と関連して、『自動車税』、『重量税』は、どうなるのでしょうか。実は、税金は免責対象とはなりませんので、免責を受けた後でも支払わなければなりません。