手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産をしても借金がなくならないこともある

自己破産は一度しかできない?

いいえ。極端なことを言えば、自己破産は何度でもできます

借金を帳消しにするには、免責許可を受けなければなりません。
この免責許可を受けるには、免責不許可事由(免責を与えることができない大きな理由)がないことが基本的に求められています。

この免責不許可事由の中で、「免責申立て前7年以内に免責を得たことがあるとき」と言うものがあります。ですので前回、免責を受けたことがあるなら7年間は新たに免責を受けることができないようになっているのです。

なぜ7年もの間、新たに免責を受けることができないかというと、免責とは、債務者にとってみると借金が帳消しになるありがたい制度かもしれませんが、債権者にとってみれば、貸したお金が返ってこず、大きな損害を被る制度でもあるからです。

もちろん、この7年間という時間が既に過ぎている人であれば、再び、自己破産を申し立て、また免責を受けられるようになっています。