自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産は貸金業者にとってネガティブ情報

自己破産をすると信用情報機関に登録されるのですか?

はい。あなたにお金を貸していた会社が加盟している信用情報機関にあなたが自己破産をしたということが登録されます。
※信用情報については『信用情報完全ガイド』というサイトが詳しく説明していますので参考にどうぞ。

あなたが借りていたのが銀行のカードローンであれば全国銀行個人信用情報センターに登録されますし、それ以外の信販会社や貸金業者であれば日本信用情報機構かCICに登録されます。

3ヶ月以上の長期の延滞や任意整理、自己破産、特定調停などの債務整理の記録については一定期間CRINネットワークで情報共有されることになります。

ただ、これら3つの信用情報機関はCRINというネットワークで延滞や債務整理などの情報を共有しているので、結局、どの貸金業者にも自己破産をしたことが筒抜けになってしまうことは間違いありません。

自己破産の場合はJICC(日本信用情報機構)とCIC、全国銀行個人信用情報センターのいずれも5年もの間、記録が残ることになります。

また全国銀行個人信用情報センターのみ官報情報が破産手続開始決定から10年間登録され続けることになります。