手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産のデメリットはカードの入会申込みで審査落ちすること

自己破産するとお金を借りれなくなる?

はい。できなくなります。

自己破産をして借金がチャラになったと言うことは、お金を貸した側からすれば踏み倒された・・・、つまり損をしている訳です。借りたお金は返しますという約束の元で貸したのに踏み倒すなんて、そんなヤツにはお金は貸さない!そう思っていても当然のことですよね。

ただ借りれなくなると言うのは、上記のような感情的な問題だけではありません。

借りていた会社以外の会社からもお金を借りれなくなるのは、なぜ?

あなたが自己破産をしたことは、信用情報機関に事故情報として登録される仕組みになっています。この信用情報機関に登録された情報が使われるのは、キャッシングやクレジットカードの申込みをしたときです。

申込者の経済状況の確認として信用情報機関に照会がかけられるのですが、事故情報が登録されていると、その段階で申し込み審査に落ちることになります。

ただ、事故情報が載っている時は、絶対に審査に通らないということではありません。※自己破産をするとブラックリストに!

ただ一生、こうした状況が続くわけではなく、約7年の登録期間が過ぎてしまえば、自動的に事故情報が抹消される仕組みになっています。
それ以降は、
キャッシングやクレジットカードの申込みも安心して申込みができるようになるというものです。

破産者でもカードがほしい場合は?

破産直後のカードについては、自己破産後のクレジットカードはどうしたら良いの? -ブラックでも審査なしで持てるVISAカード-のページでも詳しく説明していますので、ぜひ一度、目を通してみてください。