手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産をすると最悪の評価をされる

自己破産をするとブラックリストに載る?

はい。載ります。

正確には、ブラックリストに載るというと語弊がありますが。
実際には、あなたが自己破産をして借金が免責される(チャラになる)と、その事実が信用情報機関に事故情報として登録されることを指しています。
その期間は、5~7年間です。(※信用情報機関によって異なります。)

審査落ちの原因となるのがブラックリストです

この信用情報機関の情報がどういう時に利用されているかと言いますと、キャッシング会社やクレジットカード会社に新規で申込みをすると、申込書に書かれた内容を元に信用情報機関に問い合わせをします。そこで、現在の借り入れ状況や延滞していないか、債務整理などを行っていないかなどの照会をするのです。

その結果、キャッシング会社がお金を貸すか、カードを発行するかを決めるので、事故情報があると、当然、審査で落とされます。どこの会社に申込みをしたとしても、照会をかける信用情報機関は同じですから、新たにお金を借りることもできませんし、クレジットカードを作ることもできません。では、破産後のクレジットカードはどうるの?という人は下記の記事を読んでみてください。
自己破産後のクレジットカードはどうしたら良いのか?

ちなみに、この信用情報機関は本人と加盟しているキャッシング会社等にしか情報を開示していないので、他人(あなたの知り合い等)に信用情報機関に登録されている情報を見られるということはあり得ないので、安心してください。