自己破産ガイド

自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産の手続きはデメリットだけではありません。借金をなくしてやり直すための第一歩です。その後の生活についても詳しく解説します!

特定調停に必要な書類について

特定調停にかかる費用はとても安くい1社あたり700円程度です。
自己破産と比べても断然安い費用で手続きを始めることができるのです。

ここでは、特定調停に関する費用について説明しています。

特定調停で裁判所に納める費用

自己破産では、裁判所に納める費用は東京地方裁判所の場合だと24,900円です。たしかにこれは弁護士費用を比べると全然安い

でも、特定調停の場合はもっと安くなると思います。
特定調停だと消費者金融1社にあたり700円程度です。

その700円の内訳ですが、印紙代が300円で、切手代が420円です。
※借金の額や裁判所によって変わります:1,000円もあれば十分です。

この切手代はあなたや債権者に書類を送付するのに使われます。

あなたは何社から借り入れをしていますか?

多い方でも10社ぐらいではないでしょうかね。
10社だと・・・、7,000円前後。1万円かかりません。

もしかしたら20社ぐらいから借り入れをしているツワモノ(?)もいらっしゃるかもしれませんが、それでも14,000円ですからね。

どんなに借り入れが多くても、自己破産よりかは安くなると思います。

特定調停で借金を減額させる方法もある

自己破産ガイドのトップページへ