自己破産ガイド

自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産の手続きはデメリットだけではありません。借金をなくしてやり直すための第一歩です。その後の生活についても詳しく解説します!

保証人がいる場合

自己破産をする人であなたの債務に対して保証人がいる場合には、事前に話をしておいた方が良いというのは、「申し立ての前にすること」のページでも説明したとおりです。

もう一度、改めて言いますが、保証人がついているときは、自己破産をする前に少し考える必要があります。

なぜなら、あなたが自己破産をして免責がおりると、その保証人があなたの借金を全てかぶることになるからです。

だから、自己破産をする前に保証人に、今までの経過や現状を説明し、謝罪の一つも述べなければならないでしょう。
これは保証人の立場で考えると当たり前のことです。
あなたが自己破産をすることで、いきなり何百万円もの借金が降りかかってくるわけですから。

自己破産したあなたの代わりとなった保証人はどうしたら良い?

そして、そのあとの保証人の行動の選択肢は以下の4つです。

全額返済をする

保証人がいきなり数百万円のお金をポンと返せるぐらいのお金を持っていれば、これが可能でしょう。 そういう場合はむしろ、あなたは自己破産せずに保証人に立て替えてもらって、あなたは保証人に月々の返済をしていくという形も取れるのではないでしょうか。 保証人があなたと親しい関係にあるなら、少し返済期間を長くして もらうこともできるかもしれません。

また一括で返済できなくとも、業者側も話し合いで分割払いに応じてくれます
保証人にも債務整理を行われると、お金がまったく返ってこないことになるからです。

保証人があなたの借金を全額立て替える財力がなければ、あなたと同じように何らかの債務整理をすることを選ばなくてはなりません。

任意整理をする

これは債権者と話し合うことによって、 3~5年の期間で返済していく方法です。

弁護士に依頼するときの費用の相場は1社につき4万円。7社からの借り入れがあれば28万円かかることになります。 もちろん債権者との交渉を自分ですることもできますが、法律の知識のない素人だと債権者が自分たちに有利な和解案を出してくるので、注意が必要です。

それと、任意整理をするということは保証人に借金を立て替えてもらうわけですから、あなたは少しずつでも保証人に支払いをしていく必要があるでしょう。

自己破産をする

保証人もあなたと同じように自己破産をすれば、保証人の借金もチャラになります。
しかし、保証人が不動産などを持っている場合はその財産を失ってしまいますし、資格制限のある職業についている場合は影響がでます。その場合は、個人再生利用するといいでしょう。

個人再生をする

不動産を残したまま債務整理をしたい場合や、自己破産では資格制限がある職業についている場合に有効なのが個人再生です。 個人再生なら、自分の家は残りますし、自己破産のような職業制限、資格制限が一切ありません。

自己破産ガイドのトップページへ