自己破産ガイド

自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産の手続きはデメリットだけではありません。借金をなくしてやり直すための第一歩です。その後の生活についても詳しく解説します!

帳消しにはならないのが非免責債権

裁判所から借金を帳消しにしてもらっても、その後も支払う義務が残ってしまう債権があります。それが非免責債権とよばれるものです。

  • 罰金などの請求権
  • 債権者名簿に記載しなかった請求権
  • 親族法上の義務にかかる請求権
  • 破産者がした悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
  • 破産者が故意や重過失で加えた人の生命や身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権
  • 租税などの請求権

非免責債権の具体的な内容とは?

まず、罰金や税金など国からの請求に関するものは免責されません
延滞すると利息も取られてしまいます。これはキツイですね。

次に「親族法上の~」は、子供の養育費などです。

そして「破産者が悪意で加えた~」ですが、これは詐欺などにより窃取した金銭の損害賠償請求権です。自己破産直前に、つまり返済できないことを知っているのに、キャッシング会社から借入をしたり、クレジットカードを使ったりということがあげられます。

「故意又は重過失による~」というのは、暴力を振るって怪我をさせた場合の損害賠償や交通事故を起こしてしまったときの損害賠償です。

だからこそ、自動車保険には入っておいた方が良いのです。

あなたが抱えている債務には、二つの種類があることが分かったと思います。

  • 自己破産によって帳消しになるもの
  • 最後まで支払っていかなければならないもの

悪い言い方かもしれませんが、払っていけるものであれば、破産後の生活を考えて、帳消しにならないものから優先的に支払っていった方が良いのかもしれませんね。

自己破産ガイドのトップページへ