自己破産ガイド

自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産の手続きはデメリットだけではありません。借金をなくしてやり直すための第一歩です。その後の生活についても詳しく解説します!

過払い請求を法律家に依頼

管理人的には、自分で簡単にできる手続きなのに高額な報酬を支払って弁護士・司法書士の先生に依頼するというのはどうかと思うのですが、中には面倒な手続きは嫌だ、難しそうだ・・・と言う理由から全てを任せたいという人もいると思いますので、法律家へ依頼した場合についても説明をしておきたいと思います。

とは言え、法律家に依頼した場合、後は先生に全てを任せておけば良いのですから、何の心配もいりませんね。
安心感・信頼感というのは弁護士先生には勝てないでしょう。

弁護士・司法書士に過払い請求を頼んだらいくら費用がかかるのか?

依頼するとしたら、気になるのが、そのお値段。
弁護士・司法書士・・・法律家と聞くだけで高額費用がかかるのでは?
・・・という心配はあるかもしれません。

各事務所ごとに費用は変わってきますので、このページで説明していることは、一つの目安として捉えておいてもらえればと思います。

弁護士・司法書士に依頼したときの費用
着手金(1社あたり2~3万円)
成功報酬 (取り戻したお金の15~20%)
別途、実費

例)3社から30万円ずつ、合計90万円を取り戻せた人

着手金

1社あたり2~3万円が必要になります。
ですので、6~9万円がかかります。

着手金ですので、前払いとなっている事務所が多いですが、着手金すら支払うことが難しい人もいますので、事務所によっては過払い金を取り戻せた段階での支払いに応じるところもあります。

成功報酬

例では30万円ずつ、合計90万円を取り戻したことになっています。
ですので90万円の15~20%、つまり13.5~18万円が成功報酬となります。

実費

これは郵送代・電話代・印紙代など。
1~2万円で収まると思います。

弁護士・司法書士の費用は約20~30万円になります。

過払い金で取り戻せた金額が90万円。
報酬を引いた約60~70万円が手元に残るということになります。

割合で決まる法律家への支払いは、意外と高額になります。

成功報酬20%は高すぎると思う

一番、不思議に思うのは成功報酬が『取り戻せた金額の○%』という割合で決まるという点。 過払い請求の手続きをやったことがある人なら分かることなんですが、50万円を取り戻すのも100万円を取り戻すのも150万円を取り戻すのも、やるべき手続きは同じです。

150万円取り戻すためには、50万円取り戻す手続きの3倍大変か!?というと、そんなことはありません。
書面を書いて送りつけ、後は電話で交渉するだけ。

そして『取り戻せた金額の○%』という感じで決まっていると言うことは、同じ手続きをしてもらっても、 数万円で良い人もいれば、十数万円かかる人もいるってことです。

ある種、『ぼったくりみたいなモン』やなぁと思うのは管理人だけでしょうか?簡単な手続きで多額の報酬が得られる『過払い請求』。

今、弁護士・司法書士の先生方は、この手続きに夢中ですw
テレビ・ラジオ・雑誌・ポスター・ネット広告。。。

色んなところに広告出してますよね。

簡単な手続きで報酬が得られる過払い請求は、弁護士・司法書士の先生にとってみれば、『お金のなる木』なのかもしれませんね。

自己破産の前に過払い請求をしよう!

自己破産ガイドのトップページへ