自己破産ガイド

自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産の手続きはデメリットだけではありません。借金をなくしてやり直すための第一歩です。その後の生活についても詳しく解説します!

初めての裁判の日

口頭弁論期日とは、裁判の日です。
刑事裁判だと公判。民事裁判だと口頭弁論と呼びます。

訴状を提出して1~2週間位経つと、裁判所から電話連絡があります。
電話で日程が決まり、『期日請書』という書面を裁判所に郵送またはFAXで送ります。

期日請書
「裁判の日程を確認しました、その日に裁判所に行きます」という確認のための書類。

はじめての裁判の日

指定された日時に裁判所に出向きます。
テレビで見る刑事裁判と違い、過払い金の口頭弁論は「あっ」と言う間の流れ作業で進んでいきます。

一人あたり3~5分程度ではないでしょうか。

席に着き、口頭弁論が始まるのですが、

裁判官から聞かれることは、

  • あなたの主張は、訴状の通りで問題ないですか?
  • 今日は相手方(キャッシング会社)の人は欠席です。
  • 次回の日程は、○月○日で良いですか?

この3点くらいを聞かれて、終わりです。
「え?何しに来たの?」って思うくらい呆気ないものです。

自己破産の前に過払い請求をしよう!

自己破産ガイドのトップページへ