自己破産ガイド

自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

自己破産の手続きはデメリットだけではありません。借金をなくしてやり直すための第一歩です。その後の生活についても詳しく解説します!

訴状と証拠資料の作成

訴状の作成

裁判所に提出するものだから難しいものというイメージもあるかと思いますが、実は訴状のテンプレートはネット上にあります

それを基に自分にあった金額・日付などに書き直すだけでOKです。

作成するのは、

  • 訴状
  • 証拠資料

裁判所の提出用に二部作成。
自分の控えとして一部作成します。

合計三部作成しましょう。

証拠資料となるのは、今まで貸金業者とのやり取りをした書面等です。

  • 取引履歴
  • 過払い金返還請求書
  • 引き直し計算書
  • 過払い金返還請求書を送付したときの配達記録

これをコピーを取って3部作成です。

また各証拠資料の右上に赤字で『甲第一号証』、『甲第二号証』・・・という形で通し番号を振ります。

証拠書類には、赤文字で通し番号を記入します。

自己破産の前に過払い請求をしよう!

自己破産ガイドのトップページへ